Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りカチューシャ

カチューシャをお探しのお客様が多いので
今まで、4階のまんだらけさんのキラキラカチューシャや
カチューシャ風にリボンを頭に巻いてはどうかとおすすめしておりましたが、
いまひとつなご様子。
キラキラカチューシャは「学校につけて行けない」
リボンは「ほどけやすいのでは?」とのこと。


そこで、今日はカチューシャを手作りします。

〇材料
ダイソーさんの下敷 B5 一枚 (18cm×25cm)
リボン 
ボンド
〇道具
カッターナイフ
ドライヤー
空きビン 作りたいサイズに近い太さの物
(湯飲みなど筒型で持ち手の無い瀬戸物も使えます。)
作業用手袋
ドライヤー以外すべてダイソーさんで揃います。
ダイソーさんの塩ビ板の下敷です。
かなり薄いので普通のカッターナイフで簡単に切れます。
今回は幅1cmのカチューシャを作ります。
一枚の下敷から25本のカチューシャが作れますね。
昔、カッターマットって結構高価でしたよね。昭和の頃は大事に使っていました。
カッターナイフで3回ほどスジをつけて、折り曲げると手で切れます。
塩ビ板の切り口は、アクリル板のように鋭利ではありませんが、怪我にご注意ください。
1cm×18cmにカットしました。
ゴロゴロ前。
空きビンを横にして、カットした塩ビ板をビンにのせてドライヤーの温風を当てます。
すぐに塩ビ板がしなります。
ゴロゴロ中。
ドライヤーの温風を当てながら
塩ビ板をビンに巻き付けるように、ビンを転がします。
ビンが熱くなりますので、ヤケドにご注意ください。
ゴロゴロゴロゴロ。
塩ビ板が円くなりました。
ゴロゴロ後。
リボンを貼り付けます。
リボンは地下のTOAさんで買いました。
サンモール商店街のつよせさんにもリボンがあります。
なんでも木工用ボンドで貼ってみる。
完成
前から見れば気になりませんが
アイちゃんのウィッグサイズは8インチ(20cm)ですが
塩ビ板の長さ18cmは、ちょっと長めでした。
もう少し短いほうが使いやすそうです。
ちょっと長かったです。
本日作ったカチューシャは中野店でアイちゃんが着用中です。
ご来店お待ちしています。
ごめんなさい。冬向けの工作でした。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。